アフィリエイトを通して「物を売る」という仕組みを理解しよう!

アフィリエイトの仕組みって?

アフィリエイト初心者の場合、アフィリエイトの仕組み自体がわからないままブログやサイト作りに取り掛かる人も多いでしょう。
しかし、アフィリエイトの仕組みを理解しないままにブログやサイトを作り続ければ、膨大な時間を費やしたにも関わらず、1円も稼げなかったということにもなりかねません。

アフィリエイトの仕組みはいたって簡単です。
あなたのブログやサイトでアフィリエイト商品を紹介し、その商品が売れればあたなに報酬が入る、という仕組みです。


このようにアフィリエイトの仕組み自体はとても単純ですが、自分のブログやサイトで商品を紹介するということは、ネット上でお店を始めるのと同じことです。
つまり、アフィリエイトを通して「物を売る」という仕組みを理解せずには成功はありません。

ここでアフィリエイトに失敗する典型を紹介すると、例えば自分の趣味のブログを運営し、そこに全く関係のない商品の広告を貼る、という人です。
ブログの内容は趣味の「釣り」の話なのに、貼ってある広告は「生命保険」。
こういう初心者のアフィリエイターのブログをよく見かけます。

ネットでも実店舗でも見ず知らずの人に「物を売る」のは、とても難しいことです。だからこそ、ブログやサイトのテーマはもちろん、見やすさや紹介する商品の選定の仕方、記事の品質など学ぶべきことはたくさんあります。

アフィリエイト初心者はSNSやリスティング広告を活用しよう!

アフィリエイトで稼ぐには?

アフィリエイト初心者の場合、ブログやサイトを作ったところですぐにアクセスが集まるわけではありません。
狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されるまでにはある程度の期間が必要です。
そのため、始めのうちは思ったようにアクセスが集まらず、途中で諦めてしまうアフィリエイターも多くいます。

そこでアフィリエイト初心者におススメしたいのが、SNSの活用です。
自分の作ったブログやサイトをTwitterやFacebookなどで拡散することで、初期でもアクセスを伸ばすことができます。

また、リスティング広告で自分のブログやサイトに誘導する、という方法もあります。
リスティング広告とは、GoogleやYahoo!で検索したときに上部や右部分に表示される広告のことで、有料で自分のサイトを表示することができるのです。

アフィリエイト報酬の仕組み!アフィリエイト報酬が入るまでの流れとは

アフィリエイトの報酬ってどこから入るの?

誰でもノーリスクで稼ぐことができるアフィリエイト。
でも、それって怪しいビジネスじゃないの?そもそも誰が報酬を払ってくれるの?なんて不安に思っている人も多いことでしょう。

実はアフィリエイト報酬の仕組みはとてもシンプルなものです。

まず、アフィリエイトを始めるときにはASPと契約をします。
ASPとは「アフィリエイトサービスプロバイダ」の省略で、アフィリエイターと広告主(企業)を結ぶ仲介業者のことです。

例えば、新たに開発した育毛剤を世に広めたいA社があるとします。
A社は自社の育毛剤を紹介してくれるアフィリエイターをASPを介して募集します。するとA社の商品を広告したいアフィリエイターが集まってくるわけです。

そしてアフィリエイターのブログやサイトからA社の育毛剤が売れたとき、A社はASPに商品代金の一部を支払い、その後ASPからアフィリエイターへ最終的な報酬が支払われる、という仕組みです。
つまり、アフィリエイター個人の口座に振込みをするのは、仲介業者であるASPということです。

初心者の場合、まずは稼いでいるアフィリエイターのブログやサイトを研究することがとても大事。
ネットで「物を売る」ということを学ぶには稼ぐアフィリエイターのサイトがもってこいです。
ネットでは月何十万も稼ぐアフィリエイターのサイトが一部紹介されていますので、初心者はぜひ参考にしてみると良いですよ。